【検証】ケータイ乗り換えして現金ゲットできるのか試してみた

生活

PR
やばい、夏休みが終わって金がない
「遊ぶ金ほしさに…」とは新聞に載りたくないし、
夏の高温多湿による手汗倍増せいかスマホもくたびれてるから、

噂に聞いていた、
ソフトバンクにケータイ乗り換えして、現金ゲット(キャッシュバック)できる方法
を試してみることにした。

直営店じゃできないキャッシュバックがすばらしい

今さら説明するまでもないが、
ケータイ乗り換え(いわゆるMNP)とは、
今使っている携帯電話会社から他の携帯電話会社に乗り換えること。
多くの人がMNPの際にスマホを新機種に変えているようだ。

僕の場合はauからソフトバンクへと、ばびゅーんとMNPすることとなる。


どこぞの白い犬も心なしか嬉しそう。

今回、噂元の友人が実際に使ってキャッシュバックをもらえたという、
「お得ケータイ.com」さんにお世話になることにした。

なんでも家電量販店やソフトバンクショップでは、MNPしてもキャッシュバックはしてくれないらしい…

「お得ケータイ.com」は代理店だからこそMNPで現金還元なんて赤字覚悟のサービスができるとか。大人の事情って、すごい。

来店いっさい不要。ぜ~んぶ自宅で完結

この暑いなか店に出向いて、さらに他客の順番を待って…
なんて考えただけでうんざりするが、

なんと「お得ケータイ.com」は、
完全ネットだけでMNPできちゃうという。

おうちにいながらにして全部を完結できるとは、こいつはでかい。

ネットと電話さえあれば、自宅や職場など
どこからでも申し込めて
おニューのスマホは宅配で届けてくれる。
キャッシュバックは銀行口座に振り込まれるのを待つだけ。マジ楽ちん。

まずは、連絡先「ポチッ(送信)」で電話を待つだけ

「お得ケータイ.com」のサイトにある「問い合わせフォーム」から、
自分の連絡先を入力&送信すれば、向こうから電話をかけてきてくれるとのこと。

さっそく、ちゃちゃっと入力してポチッと送信。
送信後、30分以内で電話が来た!すごくね?早くね?
ちなみに友人は3時間後ぐらいにかかってきたってことなので、
混み具合じゃ最大半日程度待つこともあるようだ。

電話の相手はキレイな声のお姉さん。
「え、ええと…」とキョどりながら話す僕に、優しく丁寧に対応してくれた。
お姉さん、ありがとう。

マジか。3万~5万円も現金還元してくれる

お姉さんが懇切丁寧に説明してくれたのは、
契約する機種によってサービス内容が違うということ。
つまり、選ぶ機種でキャッシュバック金額が変わるというのだ。

商標の都合上、具体的な機種名は避けるが、

  • じゃぱぁんなスマホブランドX
    →キャッシュバック●万円+その他割引
  • あめりきゃんなスマホブランドA
    →キャッシュバック■万円+その他割引

と、機種ごとによってキャッシュバック金額も割引等のサービスが違う

企業努力(!)や時節により、案内できる機種もキャッシュバック金額も、そのときどきで変わってくるとのこと。
今の機種とキャッシュバック金額は、1か月後にはもうなくなっているかもしれないのだ…!

だから「足がはやくて」サイトには載せられない、最旬の超トク情報を電話にて案内しているのだそう。

今回、案内してもらえたのは最新&人気機種のラインナップと、
なんと3万~5万円の高額キャッシュバック
これはかなりお得なんじゃないか?

お姉さんいわく「お得ケータイ.comは、どこよりも高いキャッシュバックを目指してます!」とのこと。
そのサービス精神、ビシビシと伝わってきておりますっ!

この機会を逃したらあかんと、僕は
じゃぱぁんなスマホブランド+4万円のキャッシュバックのプランをお願いすることにした。

尚、SIMだけのMNPは受け付けてないとのことなのでご注意を。

最新スマホと現金ゲットで、僕にっこにこ

契約の書類をあれこれ記載して送り付け、無事承認されれば、
あとは真新しいスマホとキャッシュバック振込を待つだけだ。

スマホは契約完了したら即時発送となる。
混む時期でなければ、最短で翌日には真新しい機種が届くみたいだ。

肝心のキャッシュバックはMNPが完了した翌月末に振込とのこと。
僕の場合、8月にMNP契約が完了したので9月末に振込となる。今から待ち遠しい。

こうして最新のイケてるスマホを手に入れた上に、現金4万円までゲットできて新聞に載る心配もなくなった。

「お得ケータイ.com」マジおすすめ。

とにかく1度電話で話をきいてみてほしい。

-生活

関連記事

誰でも簡単にプロトレーダーと同等のトレードを実現した次世代FX【INSTANTRADE】

「FXで負けてしまった…」 と言う方はたくさんいます。 そんな方たちでも一定の結果を作りだせたのが 自動売買となるシステムトレード(シストレ) しかし、今度は 「パソコンを24時間稼働し続けるのは大変 …